平成27年度文部科学省委託事業 職業実践専門課程の美容分野における質保証・向上を推進するための学校評価制度の開発と構築

アンケート

  • HOME »
  • アンケート

この事業では学校評価に対するニーズ調査を目的としたアンケートを実施いたします。
アンケートに回答するための入口は、このページの下の方にあります。
ひととおり、アンケート趣旨・目的をお読みいただいた上で、アンケートにご協力ください。

アンケートの趣旨・目的

  • 学校種を問わず、学校は人材の育成を通じて社会に貢献する公益的な存在です。したがって、
    専修学校の設置には、文部科学省の専修学校設置基準に基づく認可が必要、
    美容師養成施設となるためには、厚生労働省の美容師養成施設指定規則に基づく指定が必要、
    になります。
  • また、専修学校には、教育活動の質を維持・向上させるために、
    自校の教育活動を自ら点検・評価する自己評価の実施と公開が義務づけられており(平成19年度~)、
    文部科学省が定めた認定要件に適合している場合にのみ、職業実践専門課程としての認定を受けられる(平成26年度~)、
    などの制度があります。
  • このように、公益的性格をもつ学校をめぐっては、教育活動等の質を保証し、維持・向上させるためのさまざまな評価の仕組みがあります(まとめると、下図のようになります)。
    kaisouzu
  • このアンケートの第一の目的は、①~④の各制度に関する認知度を明らかにすることです。
  • 専修学校の場合、①~④のような評価の仕組みはあるものの、産業界の専門家や教育の専門家、有識者等の第三者が教育活動の評価を行う「第三者評価制度」は義務づけられていません(大学や大学院などは平成17年度から義務づけられている)。しかし、高等教育機関は、その教育活動の質の維持・向上を図るために、第三者機関による評価を定期的に受けることが国際的な流れとなっています。
  • このアンケートの第二の目的は、美容分野の専門学校に対して、①~④の上に
    専門的機関による第三者評価制度
    を作るとした場合、その第三者評価制度に対するニーズを明らかにすることです。
  • 以上の趣旨・目的にご理解いただき、アンケートにご回答いただく場合は、次の1か2にお進みください。

アンケート回答の入口

●「この事業から案内が郵送されてきた方」向けの入口

下記のいずれかをクリックしてアンケートにご回答ください。クリックすると、「トークン」の入力が求められます。郵送されてきた案内文書に記入されている「トークン」を入力してから、アンケートにご回答ください。
ご回答の締切は 平成26年11月28日 です。

美容サロンの方はこちらから
高等学校の方はこちらから
保護者の方はこちらから

アンケートの受付は終了いたしました。多数のご回答をありがとうございました。

学校法人メイ・ウシヤマ学園文部科学省委託事業事務局 TEL 03-3408-5020 お問い合わせはこちらへどうぞ

PAGETOP
Copyright © 学校法人 メイ・ウシヤマ学園 All Rights Reserved.